凛として

〜これが私の生き方〜

🍏嫌われて結構な母

風がすっかり秋風になってきました

さて

子供も数あると、いろんな事が

次から次とありまして。

たぶん、

わたしを今、大嫌いであろう

子供がおりまして。

私にとって

彼のしている事は

道理が通らないのです

ここ半年、

苦言を呈してきましたが

先日、大きく叱りました。

やはり、私もまだまだな人間なので

感情も入ります。

叱られた子供も傷つきますが

叱った親も心が痛みます

遡ればご先祖様が

会津の出身らしく

どうやら私にはその血が濃く

流れているものなのか

「ならぬものはならぬのです」

自分の性格に疲れることもありますが

これは性格の問題でなくて

親として

子供が間違っている事を

気付かせなければならないのが

親の務めだと思うから…なのです。

いくつになってもです。

嫌いから

たとえ私の事を憎んでも結構。

心中、悲しいけれど

それはそれでしょうがない。

今、「凪のお暇」

というドラマ見てますか?

黒木華さん、高橋一生さん

凄くいい演技してますね!

また、今週の内容よかった〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

武田真治くんも良かった〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

【人に興味ない】

人に興味がないから無難な良い人

人に興味がないからどーでもいい。

よって

愛情を持って人と接っすることができない

どーでもいいから叱りもしない

注意もしない

無関心…

自分の事でないから興味ない…

こういう人

いっぱいいますよね

でも、それってすごく淋しいこと。

少し話しがずれました。

親だから大事な子供のことを考えて

体当たりで

大人の子供を叱る。

いくつになっても

親は親。

子供は子供。

見て見ぬ振りはできません。

『大好きなお母さん』

でなくて良いのです。

母が嫌い

で結構。

いつか、時がきて

私の気持ちがわかる日が来ると信じて…

そんな日が来なかったら

自分の育て方が悪かったと

自分を責めるだけ。

これが私の生き方なのです。

今日もこんな私に会いに来てくれて

ありがとうございます🍎カナリア